2015年03月の記事 (1/1)

江ノ島電鉄 全駅途中下車してきた!

3月16日、暇だったので、前からやりたかった、江ノ島電鉄の駅、全駅途中下車をしてきた!
藤沢方から、順次!あいにくの曇り空でしたが、貴重な経験でした。
江ノ島電鉄は、神奈川県の藤沢駅から鎌倉駅までを走っています。結構、全国的に見ても有名な鉄道路線のひとつ。
軒先をかすめなそうくらいの近くを通る区間もあり、海岸線を通る区間もあり、路面を通る区間もありと、かなり面白いです。短い距離で、単線の路線ですが、6時台から、12分おきに上下線が運行しており、観光地湘南・鎌倉地区ともあり、休日は、かなり混雑します😁

まずは、江の電の全体路線@藤沢駅の路線図↓ 駅数は、全15駅。
江の電途中下車@藤沢駅その4

藤沢駅から順次、写真を撮ってきたので、記念に❕

🌑ENー01 藤沢駅 「終点・線路が1線なので、すぐ出発」
江の電途中下車@藤沢駅その2
江の電途中下車@藤沢駅その3
江の電途中下車@藤沢駅その6
江の電途中下車@藤沢駅その7
江の電途中下車@藤沢駅その5

🌑ENー02 石上駅
江の電途中下車@石上駅その1
江の電途中下車@石上駅その2
江の電途中下車@石上駅その3

🌑ENー03 柳小路駅 「石上~近すぎる」
江の電途中下車@柳小路駅その1
江の電途中下車@柳小路駅その2

🌑ENー04 鵠沼駅
江の電途中下車@鵠沼駅その1

🌑ENー05 湘南海岸公園駅
江の電途中下車@湘南海岸前駅その1
江の電途中下車@湘南海岸前駅その2
江の電途中下車@湘南海岸前駅その3
江の電途中下車@湘南海岸前駅その4

🌑ENー6 江ノ島駅 「江ノ電本社隣接」
江の電途中下車@江ノ島その1
江の電途中下車@江ノ島その3
江の電途中下車@江ノ島その4
江の電途中下車@江ノ島その2
江の電途中下車@江ノ島その6

🌑ENー07 腰越駅 「ホーム短い 一車両、扉開かない」
江の電途中下車@腰越駅その2
江の電途中下車@腰越駅その1
江の電途中下車@腰越駅その3

🌑ENー08 鎌倉高校前駅 「目の前に広がる海」
江の電途中下車@鎌倉高校駅前その2
江の電途中下車@鎌倉高校駅前その3
江の電途中下車@鎌倉高校前駅その5
江の電途中下車@鎌倉高校前駅その1
江の電途中下車@鎌倉高校前駅その4

🌑ENー09 七里ヶ浜駅 「鎌倉方のカーブきつい」
江の電途中下車@七里ヶ浜駅その2
江の電途中下車@七里ヶ浜駅その1
江の電途中下車@七里ヶ浜駅その4
江の電途中下車@七里ヶ浜駅その3

🌑ENー10 稲村ヶ崎駅 「稲村ジェーン」
江の電途中下車@稲村ヶ崎駅その1
江の電途中下車@稲村ヶ崎駅その2
江の電途中下車@稲村ヶ崎駅その3
江の電途中下車@稲村ヶ崎駅その4

🌑ENー11 極楽寺駅 「切通しが有名」
江の電途中下車@極楽寺駅その4
江の電途中下車@極楽寺駅その2
江の電途中下車@極楽寺駅その3
江の電途中下車@極楽寺駅その1
江の電途中下車@極楽寺駅その5

🌑ENー12 長谷駅「大仏が有名」
江の電途中下車@長谷駅その1
江の電途中下車@長谷駅その2

🌑ENー13 由比ヶ浜駅
江の電途中下車@由比ヶ浜駅その1
江の電途中下車@由比ヶ浜駅その2
江の電途中下車@由比ヶ浜駅その3

🌑ENー14 和田塚駅
江の電途中下車@和田塚駅その1
江の電途中下車@和田塚駅その2

🌑ENー15 鎌倉駅 「終点」
江の電途中下車@鎌倉駅その4
江の電途中下車@鎌倉駅その1
江の電途中下車@鎌倉駅その3
江の電途中下車@鎌倉駅その2
江の電途中下車@鎌倉駅その5

鎌倉駅おまけ 鎌倉の地ビールとフランクフルト、最高に合います✌
江の電途中下車@鎌倉駅その6
江の電途中下車@鎌倉駅その7

帰りは、先頭車両でちびっこ一緒に、運転席見学しながら、帰宅 🏠👣
単線の江の電、いくつかの駅で、上下線の待ち合わせができるのですが、唯一、鎌倉高校前駅と七里ヶ浜駅の間の線路上で、待ち合わせをする箇所あります。待ち合わせしてるところを、一番先頭車両から、写真撮ってきました📷📷
江の電途中下車@鎌倉学園~七里ヶ浜すれ違いその2
江の電途中下車@鎌倉学園~七里ヶ浜すれ違いその1

トータル、5時間も掛からないくらいで全駅降りて、写真とかとることができました。
途中、駅の周辺をプラプラしてたりしていたので、降りて乗るだけなら、もっと早く全駅制覇できるかも。
相鉄が発行している江ノ島フリーパスを利用したので、通常料金で比較すると、かなり安く乗り降りできた。

藤沢駅と鎌倉駅には、かえる🐸が設置されています。駅員に確認したところ、無事帰るという安全祈願!
江ノ電独自の願掛けらしい🐸🐸🐸🐸🐸

スポンサーサイト



千葉県南房総ツーリング!

3月13日(金)年休が取れたので、ずっと行きたかった千葉県ツーリング!
泊りで房総半島1周とかをしてみたかったのですが、夜に所用があり日帰りで計画。
とりあえず、今回は、房総半島の下半分の海岸線沿いを走ることに!!

ルートは、ざっと↓のとおり。
保土ヶ谷バイパス→新保土ヶ谷IC→本牧JCT→横浜ベイブリッジ→大黒PAで休憩→川崎浮島JCT→東京湾アクアライン(海ほたるで休憩)→木更津JCT→圏央道市原鶴舞IC→国道297号(大多喜街道)→勝浦→国道128号(外房黒潮ライン)→→外房海岸線沿いをひたすら→房総フラワーライン(外房海岸沿い)→千葉県道257号(海岸沿い)→館山→国道127号(内房なぎさライン)→富津金谷港→東京湾フェリー→久里浜港→横浜横須賀道路・佐原IC→新保土ヶ谷IC→保土ヶ谷バイパス。
千葉南房総ツーリング*ルート概要

朝は、7:00出発。平日朝の保土ヶ谷バイパスの渋滞をなめていました・・・。いきなりの渋滞にはまり、大黒PAに着く頃には、相当疲労困憊。
保土ヶ谷バイパスですが、神奈川県の情報による、一般国道では、全国1位の交通量らしいです。
(ちなみに、、高速道路だと、横浜町田IC~海老名JCT間が全国第2位、海老名JCT~厚木IC間が第4位らしい。)
結局8時過ぎに、大黒PAに到着。大黒PAは、割と空いてる感じ。
千葉南房総ツーリング*大黒埠頭P

大黒PAで少し休んで、アクアラインへ。千葉行きは、アクアラインを利用。大黒PA以降は、車も少なく快適。すぐに、海ほたるへ到着。
↓海ほたるから、羽田側。真ん中の白いのは、アクアライントンネルの換気塔。
千葉南房総ツーリング*海ほたる羽田側
↓海ほたるから、木更津側。いい天気!!
千葉南房総ツーリング*海ほたる木更津側

海ほたるを後にして、東京湾上を気持ちよく走って、市原まで向かいます。アクアラインをそのまま走っていくと、木更津JCTから、圏央道に。圏央道の市原舞鶴ICで高速を降ります。ICを降りると、南北に国道297号(通称 大多喜街道)が走ってます。今回は、勝浦方面へ南下します。
この大多喜街道、舗装も綺麗で、アップダウンがあったりと、結構楽しかったです。
そんなこんなんで、11時前ぐらいに、勝浦に到着。勝浦と言えば、朝一!ということで、漁港周りをプラプラしたのですが、さすがに、時間も昼前だったので、終わったのか?やっていないのか、よく分からず・・・。
勝浦から、海岸線沿いを走って、行ってみたかった勝浦海中公園へ。海中展望塔があります。
入場料、大人960円。この日は、視界4mということで、少し見えづらい。良い日だと、10m先まで見えるらしいです。
千葉南房総ツーリング*勝浦海中公園1

千葉南房総ツーリング*勝浦海中公園4

千葉南房総ツーリング*勝浦海中公園2

千葉南房総ツーリング*勝浦海中公園3

千葉南房総ツーリング*勝浦海中公園5

千葉南房総ツーリング*勝浦海中公園6
餌付けしているらしく、結構、魚が集まってきます。このときは、メジナ。
千葉南房総ツーリング*勝浦海中公園7

展望塔で少し遊んでから、また海岸線沿いを走行。鴨川シーワールドを過ぎて、和田浦というところら辺に着くと、「くじら」の看板が目立ちます。和田漁港、日本に5つしかない捕鯨基地の1つとのこと。毎年、夏場には、くじらの解体が行われるみたいです。
ちなみ、現在日本にある捕鯨基地→北海道網走、函館、宮城石巻鮎川、千葉南房総和田、和歌山太地。
くじらの解体、一度見てみたい。夏場に、もう一回行くか!?

途中から、海岸線のフラワーラインへ。フラワーライン、快適です。菜の花が綺麗との情報でしたが、場所が悪かったのか、時期的に悪かったのか、菜の花らしきものは、見えませんでした・・。
千葉南房総ツーリング*房総フラワーライン快適
フラワーラインを走っていると、道の駅「ちくら・潮風王国」に到着。道の駅の中に、船が飾ってあります!乗船自由。
千葉南房総ツーリング*ちくら潮風王国2
ここら辺、昼2時ごろ、風がすごい強くなってきました。
このまま、フラワーラインで海岸沿いを行こうとしましたが、安房白浜らへんが「飛砂通行止め」になっており、内陸側を迂回。迂回して、館山の房総フラワーラインへ復帰。風が強いです。海岸沿いなので、飛砂がところどころ激しい・・・。花どころではなかった。
房総半島突端の洲崎を越えて、館山駅方面へ行く途中に、見物海岸という場所で少し休憩。
↓見物海岸での一枚。東京湾from千葉館山。
千葉南房総ツーリング*館山見物海岸での一枚

そのまま北上し、富津金谷港へ。
行きは、アクララインを使いましたが、帰りは、東京湾フェリー!
東京湾フェリー、人生で2度目。1度目は、小学6年のとき、サッカー団で館山で開催されたセルジオカップに出たとき。
アクアライン開通が平成9年なので、小学6年(平成6年)のときは、フェリーでいくか、湾岸沿いを行くしか、神奈川から千葉へのルートがなかったんですね。アクアラインは、着工が平成元年→開通平成9年12月らしい。

金谷港から久里浜港まで。750cc未満で、片道1680円(旅客運賃込み)
金谷港16:30出港の便に乗れました。この日は、バイク3台。
↓写真は、金谷港入口。 バイクが最初に乗船できます。20分くらい前に、車に先行して乗船。
千葉南房総ツーリング*東京湾フェリー富津金谷港入り口
係員の指示に従って、所定位置に、バイクを止めると、係員がベルトやらロープで、固定してくれます↓
車体とこすれそうなところは、適宜、スポンジとか入れてくれます。
千葉南房総ツーリング*東京湾フェリー固定
この日は、天気もよかったので、ゴルフのお客さんで一杯!千葉県自体がゴルフ場が結構多いです。
千葉南房総ツーリング*東京湾フェリーゴルフだらけ
金谷から久里浜まで、約40分くらいで到着です。途中、もう一隻のフェリーとすれ違い。
今回、乗ったのは、「かなや丸」。写真↓のすれ違ったのは、「しらはま丸」。 
千葉南房総ツーリング*東京湾フェリー夕日としらはま
久里浜港に到着する間際、水中翼船がちょうど久里浜港から出港中でした。離岸するところから、見てましたが、その場で旋回!東海汽船の「大漁」という船みたいです。千葉南房総ツーリング*東京湾フェリー久里浜港水中翼船大漁
あとで、ネットで調べたところ、平成27年1月就航の新船だったみたいです。久里浜港から、東京湾フェリーとは別の船が出ているのは知りませんでした。季節航路の様で、久里浜港から大島まで、行っているそう。あっという間の40分でした。久里浜港到着後の下船は、バイクが一番最後。
久里浜港到着後、フェリー「かなや丸」と記念撮影!!
千葉南房総ツーリング*東京湾フェリー久里浜港 かなや
夜の広報活動に、間に合うように、横横→保土ヶ谷バイパスで帰宅。

年明けから、担当工事案件が重なってなかなか、遠出できない日々が続きましたが、3月中盤になり、仕事も一段落。
久々の遠出でしたが、千葉県の南房総ツーリング、面白い。今度は、寄り道を多くして、千葉一周なんかを計画中。

今回の走行距離:306km (始6624km→終6930km)
燃費:32.4km/L (給油量 9.45L)