2017年08月の記事 (1/1)

2017年8月25日~26日 CB1300ST 下呂温泉~御嶽パノラマライン~野麦峠ツーリング

2017年8月25日 遅いお盆休暇(夏休5日間の一つ)を取り、下呂温泉までCB1300STで!

とりあえず、下呂温泉までは高速(中央道中津川インターまで)を使い、一気に向かいます。日本三大温泉に数えられる温泉地の一つ。草津温泉、下呂温泉、有馬温温泉 ♨

草津は、仕事やプライベートで何度か行ったことがありますが、下呂温泉と有馬温泉は行ったことがありません。今回、下呂温泉に浸かることができたので、あとは、有馬温泉を残すのみ。


出発が遅かったこともあり、下呂温泉には夜に到着!

下呂温泉をプラプラして、何枚か写真を撮ったので↓

IMG_6905.jpgIMG_6899.jpgIMG_6896.jpg

IMG_6897.jpg

温泉街の夜は、やっぱり少し寂しい感じがしますね('ω')

温泉旅館・ホテル内で夜は騒ぐので、仕方ないですね。静かな温泉街を夜プラプラするのも、風情があって良いものです。

IMG_6906.jpgIMG_6904.jpgIMG_6903.jpgIMG_6900.jpg

IMG_6907.jpgIMG_6908.jpgIMG_6909.jpgIMG_6910.jpgIMG_6911.jpgIMG_6912.jpgIMG_6913.jpgIMG_6915.jpgIMG_6916.jpg

夕飯は、温泉街に唯一?居酒屋神辰さんへ。居酒屋さんの後は、「スナック愛」へ ・・・旅の話で盛り上がります!(^^)!

IMG_6917.jpg


下呂温泉で宿泊して、2日目!天候にも恵まれてGOOD

飛騨川の河原に少し降りてみる。

IMG_6929.jpgIMG_6928.jpgIMG_6927.jpgIMG_6922.jpgIMG_6925.jpgIMG_6921.jpgIMG_6926.jpgIMG_6923.jpg

下呂と言えば、河原に無料の露天風呂があるのですが、時間の都合でパス。

下呂温泉は、温泉街全体が古くなってきている印象。山の中にあるので、外壁などは余程メンテナンスに金を使えれば、見栄えの維持ができそうですが、現実的には難しい。。。。

お湯は、ほんとに素晴らしいので、がんばってほしい(@_@)

IMG_6924.jpgIMG_6930.jpg


2日目は、野麦峠を通りたく、下呂温泉からは北上し御嶽山の北側を抜けて、野麦峠へ向かいます。

県道437号線 道の駅 南飛騨小坂(はなもも)で小休憩。

IMG_6940.jpgIMG_6939.jpgIMG_6938.jpg

道の駅からは、県道441号線で山の中を走っていきます。

IMG_6948.jpgIMG_6951.jpgIMG_6949.jpgIMG_6947.jpg

IMG_6946.jpgIMG_6944.jpgIMG_6942.jpg

この道、めちゃくちゃ狭くて、崖沿いを走っていくのですが、景色が最高です!

IMG_6952.jpgIMG_6953.jpgIMG_6957.jpgIMG_6954.jpgIMG_6950.jpgIMG_6956.jpg

IMG_6958.jpgIMG_6959.jpgIMG_6961.jpgIMG_6960.jpg


案内標識に濁河温泉(にごりかおんせん)の看板を見つける。

昼めしも食べたかったので、濁河温泉へ寄り道することに!

IMG_6962.jpgIMG_6966.jpgIMG_6967.jpgIMG_6965.jpgIMG_6963.jpgIMG_6964.jpg

市営の露天風呂があります。

この温泉、お湯がめちゃくちゃ暑いです(@_@) 

ですが、かなり好きなお湯です。若干茶色かかっており、源泉をそのまま湯舟へ。

御嶽山の熱を感じる(^_-)-☆


温泉で休憩後は、昼飯。近くにでかい旅館 御岳でカレーを頂きます。

遅い時間でしたが、エントランスロビーで快く、食べさせていただきました。

夏休み期間中のようで、学生の合宿が多いようです。近くに、陸上のトレーニングセンターなんかもあるようで、帰りに行っています。

IMG_6971.jpgIMG_6972.jpgIMG_6969.jpg

↓御嶽濁河高地トレーニングセンター

陸上の高地トレーニングに使われていて、かなりきれいな施設です。

IMG_6974.jpg


濁河温泉を後にして、野麦峠を目指します。

途中、素晴らしい眺望が眺める!(^^)!

IMG_6976.jpgIMG_6977.jpgIMG_E6978.jpg

ほとんど通行量のない道なので、自撮りしてみる(@_@)

自分が運転しているところを中々見ることはないので、新鮮

なんか、かっこいい 自画自賛(*^^)v おそらく、CBのフォルムが最高に素晴らしいのでしょう!!

20210124-162939.jpg20210124-163049.jpg20210124-163016.jpg20210124-163243.jpg


いよいよ野麦峠へ!

IMG_E6980.jpgIMG_6981.jpgIMG_6982.jpg

IMG_E6984.jpgIMG_6985.jpgIMG_6986.jpg


野麦峠に到着!

『あぁ~野麦峠』

IMG_6989.jpgIMG_6988.jpg

IMG_6990.jpgIMG_6987.jpg

IMG_6991.jpgIMG_6992.jpgIMG_6993.jpgIMG_6994.jpg

IMG_6995.jpg


『野麦峠』 日本近代化の暗部ともいえる女工哀史で有名な場所です。長野県と岐阜県の県境。

古来から野麦峠最大の難所として知られ、石川能登で取れたぶりを飛騨を経由して信州へと運ぶ道筋であった。信州では飛騨ブリとして珍重され、能登では1尾の値段が米1斗であるものが、峠を越えると米1俵になると言われた。

明治の初めから大正にかけて、当時の主力輸出産業であった生糸工業で発展していた諏訪地方の岡谷へ、現金収入の乏しい飛騨の村々の女性(多くは10代の少女)が女工として出稼ぎのためにこの峠を越えた。この歴史が映画化され、広く知れ渡り有名になりました。(by Wikipedia)


帰りは、松本インターへ向けて、梓湖沿いを松本方面へ走っていく。

この梓湖に、奈川渡ダムがあります。

このダム、松本から上高地へ向かうときに通る国道158号線が、アーチ式のダム堰堤の上を通っており、なかなか珍しいダムです。

また、結構通行量が多い。

IMG_E6996.jpgIMG_6998.jpgIMG_6997.jpgIMG_6999.jpg


下呂温泉、御嶽山濁河温泉と、いい温泉を堪能できた(*^^)v

真夏で日差しが猛烈でしたが、多めの休憩を取ってのツーリングだったので、熱中症にもならなく楽しめた!

スポンサーサイト